loadingIcon


to go

KINGDOM 運命の炎
7.28 ここから始まる

大いなる夢を、新しい時代を、その手で掴め――
熱い「キングダムの夏」が再びやってくる!

時は紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、天下の大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・しんと、中華統一を目指す若き王・嬴政えいせいを壮大なスケールで描く漫画「キングダム」(原泰久/集英社)。2006年1月より「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始し、今では66巻まで刊行され累計発行部数は9200万部(2022年12月時点)を記録するも、その壮大なスケールから長らく映像化は不可能と言われてきた。そんな中、2019年に遂に夢が現実のものとなった――。邦画史上でも類を見ない大規模なプロジェクトとして、この原作の映画化に挑戦した映画『キングダム』は、公開されるや興行収入はその年に公開された実写邦画作品の中で1位を獲得。映画館のスクリーンを通して数多くの熱いファンを生み出しました。3年後には待望の続編『キングダム2 遥かなる大地へ』が公開され、前作を超える圧倒的な映像体験で数多くの驚きをもたらして再び大ヒットを記録。興行収入はまたもやその年の邦画実写作品の中で1位を記録し、シリーズ累計では早くも100億円を突破! また映画のヒットだけではなく、更なる高みを目指して挑戦し続けたキャストとスタッフに数多くの映画賞をもたらすなど、名実ともに日本映画界に大きいインパクトを残してきました。

そしてこの度、シリーズ3作目となる最新作が7月28日(金)に公開されることが決定しました! タイトルは『キングダム 運命の炎』。この規模の超大作としては異例となる2年連続での公開となり、前作で映画館に駆けつけたファンの盛り上がりはそのままに、再びあの熱い夏がやってきます。待望の最新作で描かれるのは「馬陽ばようの戦い」と「紫夏しか編」。これまでのシリーズ同様に原作者の原泰久が脚本に参加し<キングダムの魂>ともいえる「何故、中華統一を目指すのか」というテーマに挑戦します。亡き友と誓った夢に向かって突き進む「しん」。中華統一に挑む覚悟を問われる「嬴政えいせい」。そして何かに導かれるようにして戦地へ舞い戻ってきた「王騎おうき」。それぞれの運命が交わる時、まだ見ぬ未来をかけた戦いが始まる。

STORY

七つの大国が戦いに明け暮れた春秋戦国時代。戦争孤児として育ったしん(山﨑賢人)は、共に夢を追いかけた亡き友と同じ姿をした秦の若き国王・嬴政えいせい(吉沢亮)と出会う。運命に導かれるように中華統一への道を駆け抜けることになった信は、河了貂かりょうてん(橋本環奈)や楊端和ようたんわ(長澤まさみ)の力を借り、亡き友と交わした「天下の大将軍になる」という約束を叶えるため長く険しい道を歩むことに。初陣となった蛇甘だかん平原の戦いで羌瘣きょうかい(清野菜名)ら新しい仲間と出会い、武功をあげた信は百人を率いる将へ昇格、いよいよ夢への道を進み始めた。そんな中、突如として趙が大軍を率いて侵攻してきたという知らせが入る。寄せ集めの兵で趙の大軍を馬陽ばようで迎え撃つことになった秦だったが、嬴政えいせいはかつて中華全土に名を轟かした王騎おうき(大沢たかお)を総大将に任命する。なぜ王騎おうきは戦場へ舞い戻ってきたのか? そして因縁の地・馬陽ばようで彼らを待ち受ける運命とは? しんと仲間たちの夢をかけた戦いが始まる――。